2007年07月13日

通勤時

満員電車の問題です。

問1:
身長150センチの人の目と鼻の先にあるもので、一番多いのはなんでしょう?

答え:
つり革につかまったおじさんの脇。


問2:
身長150センチの女性の前に、身長180センチのお兄さんが立っています。
この女性には何が見えるでしょう?

答え:
壁のようにそそり立つお兄さんの背中。


問3:
キャミソールの上に薄手のカーデガンを羽織った女性がいます。
背中がちくちくします。なぜでしょう?

答え:
レゲエ風のロングヘアをしたおにーさんと、背中合わせにたっていたから。



解説
posted by やすこ at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

月曜日の水玉模様/沙羅は和子の名を呼ぶ 加納朋子

どちらも短編集。
最近読むのはドロドロ暗い話が多かったから安心して読めた。

月曜日の〜は丸の内で働くOLさんが日常のちょっとした事件を解決する話。
この人、頭がよくてきれいで行動力があって仕事ができるらしい。
こんな人現実にはめったにいないだろ〜って思ってたけど、今の会社にいます。
いいオンナ。
きれいでいつもおしゃれな服で、仕事できそうな人が何人か。
いるところにはいるんだねー。

沙羅は和子の名を呼ぶは、不思議現象の話。
でもぜんぜん怖いとかはなくて、読み終わったあとなんか優しい気分になれましたかわいい
posted by やすこ at 09:39| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

チャットモンチー 天まで響け!!

降って湧いたライブのチケット。
日比谷野外大音楽堂にデビューしてきました。
雨が心配だったけど、全然大丈夫だったぴかぴか(新しい)

席が前から10列目くらい!すっごい近い!
よくあんなに声が出るなぁ。すごかった。
恋愛スピリッツのイントロはマイク無しのアカペラでした。

なんかでもやっぱり普通の女の子ってカンジで、MCは天然キャラが面白かった。
起立、礼、着席なんて、10年ぶりにやったよ(笑)


と、とっても楽しかったんだけど、戸惑うことも。
フツーの格好(スカートとか、ヒール靴とか)の人が意外と多いな、
とは思っていたのだけど、ライブが始まって、、、
「あ、あれ???・・・だれも跳ばないの?目キョロキョロ」
去年のロッキンでモッシュがあったとはとても思えないたらーっ(汗)
最後の3曲はかまわず飛び跳ねたけど、ちょっぴり不完全燃焼でした。
ライブマスターがいないと、私まだまだみたい(><)


でもやっぱり今回も元気をたくさんもらってきたよ。
タカコありがとうねハートたち(複数ハート)
posted by やすこ at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

知らなかった

仕事中に泣いてしまいました(笑)
マスコミが常に本当のことを報道してるとは思ってないし、
マスコミの報道していることも一部の人から見たら真実かもしれないけど、
この話も、実際に体験した人にとっては真実。
どこから情報を仕入れるかで全然違うね。

かなり長いけど
posted by やすこ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

うどんとそば

気がつけば読書感想文しか書いてないから、少し前の話題だけども。

手打ちうどん作った。その数週間後、手打ちそば作った。
両方やってみた結論。
そばのほうがランクが上ぴかぴか(新しい)
確かに歴史的なイメージ(あくまで私のイメージだけど)もそばは偉い人が食べる気がする。
うどんは庶民的じゃない?(笑)

うどんは、中力粉で作ります。これは薄力粉+強力粉でも代用できるらしい。
塩水(だったよね?)を混ぜて捏ねて、寝かして切ってゆでる。

そばはそば粉+薄力粉(だったよね?)。さすがにそば粉は代用できないでしょう(笑)
卵水を混ぜて捏ねて、切ってゆでる。

まず、材料がそばのほうが特殊でしょ。
わざわざそば粉だし、卵水作るだけでも塩水より手間がかかる気がする。
捏ねるのも、そばのほうが堅くて疲れました。
そして、切るとき。そばは生地が堅いから伸ばすのが大変だった。
薄く延ばさないと、細く切っても厚みで結局太くなるから。
切るのもなるべく細く。でもあんまり細くすると切れちゃうし。

ということを学んだ数日前。
そのうちうどんでも作るかねー。
posted by やすこ at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

崩れる 貫井徳郎

「結婚にまつわる8つの風景」っていう副題がついてるって知らなくて読んだ。
・・・失敗。
曲がりなりにも私、一応新婚だった。新婚さんが読む本じゃなかった。。がく〜(落胆した顔)
妙にリアルでくらぁ〜い気分バッド(下向き矢印)

一話目は、収入の少ないポルノライター(?)の旦那と、
就職して2ヶ月でニートになった息子がでてくるんだけど。
おかげで主人公の奥さんは土日もパートで稼がなきゃいけないとか、
旦那と息子は家にいるくせに家事をまったくしないとか。
いや、絶っっ対にうちはそうならないとわかっているんだけども。

なんで暗ぁぁい気分になるんだろう?ふらふら
posted by やすこ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

幻夜 東野圭吾

わけアリ過去をもつ2人の男女がお互い協力し
自分達の未来のために、都合の悪い人間を陥れる。。

・・・どこかで聞いたような話ですね。
白夜行とまったく同じシチュエーションやん!
面白いんかな?と半信半疑で読みましたが、

おもしろかった!


なるほどねぇ。と。
3分の1読んだところでつながりはなんとなくわかったんだけど
そこまでは考えてなかった。
最後のほうで、そうきたか!ってカンジ。


でもさ、始まりは阪神淡路大震災なんだけど
実際に震災にあった人はどんな気持ちで読むのかな、と思った。


私は白夜行のほうが好き。
これ、男のほうがかわいそう。
頼りないし(笑)
posted by やすこ at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

モネ展 国立新美術館

六本木の国立新美術館に行った。初めて。
都知事選に出馬した黒田さん?が設計した建物らしい。
と、そんなことを聞いてゆっくり見たかったけど
仕事帰りにだったので着いたのは19時すぎ。閉館20時。急がなきゃあせあせ(飛び散る汗)
音声案内(←キョンキョンだった)を借りてじっくり見てたけど、
半分も見てないのに気がついたらあと15分!
後半は駆け足どころか全力疾走で見た感じ。
音声案内最後のほう聞けなかったし・・・
でも私は絵を見る目なんかないので音声案内借りてよかった。
モネの絵を見ると、光がどの方向から射してるかよくわかるといわれているそう。
うんうん、たしかに。

そして私の印象は、水に映った風景画が多いなあということ。
あたりまえだけどすっごくうまい。波紋に風景が映る様子が。
モネといえば睡蓮だけど、それは晩年になってから。
私は若いころの絵のほうが好きでした。
なんか晩年になると荒々しい感じ。
帰りにポストカードを2枚お買い上げ。
割とすいててよかったけどやっぱり1時間じゃ見れないなー。
posted by やすこ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

仮面山荘殺人事件 東野圭吾

通勤時間が1時間半でずっとたちっぱだと読書がすすむすすむ。
一週間に2冊も読めちゃうから本が足りないのでミサキングから仕入れてきました。
で、久々の東野圭吾。

ちょっと不気味な仮面の飾ってある別荘に集まった親戚一同。
そこに銀行強盗の犯人が逃げてきて人質になってしまいます。
外部との連絡が取れない緊張の続く中、殺人事件が。。。

もう、すっごい初めのほうで1番目の犯人はわかったんだよね。
で、2番目の犯人も半分くらいのところでわかっちゃって、
なんだか読み応えないなぁ、東野圭吾なのに。と思っていたら
最後は大ドン返しでした。

これってアリですか?(笑)


解説が偶然にも1週間前に読んだばかりの折原一でした。
そっちのほうも書かこうと思いつつ、
東野圭吾は書かないといけない理由ができたので、とりあえず(笑)
>HASSYわざわざ過去ログ調べてくれたらしいね!ありがとう♪

っていうかブログ、サボりすぎかあ。
がんばって更新します。
posted by やすこ at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ブレイブストーリー 宮部みゆき

映画が公開された当時、見てみたかったけど見ないまま。
ちょうどこないだテレビであったけど見れないまま。
読んでみた。意外と長編。

宮部みゆきのファンタジーかー。読んだことないなー。
と思っていたけどなんだかとっても深かった。
ミステリー要素はないんだけど。
ベタと言えばベタなんだろうけど。
確かにこれは子供に読ませたいかも。
・・・中学生くらいになったらね。


東京タワーも読んだけど、こっちのほうがよっぽど心に響いたのは
私がまだお子様なんでしょうか。
東京タワーはそこまで・・・。
posted by やすこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。