2006年01月26日

浪花少年探偵団 東野圭吾

短編集。大阪の、小学校のセンセが事件解決の推理をしていくお話。
おもしろかった。
会話が全部大阪弁だったけど、これは読みやすかった。
前に、関西弁で読みにくいって思った小説があったんだけど。

ただの小学校の先生なのに、ひらめきがすごいねー。
キャラも魅力的だし。
美人だけど、口が悪くて、裏表がない、威勢がいいねーちゃん。
で、子供たちのことを大切に考えてる。
こんな先生だったら子供たちに人気あるんだろうなー。

先生と刑事さんの恋愛?部分も面白かった。
結局はっきりとはくっつかなかったけど、
続編があるみたいだからそれも読んでみたい。
posted by やすこ at 23:50| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

学生街の殺人 東野圭吾

東野圭吾の初期のころもの。
全部、順番に読もうと思ってmisakingに借りてきました。ありがとー揺れるハート
ちょっと、長くて読むのに時間がかかったけど。。
う〜ん、前みたいにさくさく読めなかったのはどうしてだろ。

さびれた、大学裏通りで起こる連続殺人事件。
(この大学って、別の本で加賀さんが通ってた大学だねー)
被害者はみんな主人公の知り合いなんだけど、なんと、恋人も殺されて。
殺された彼女にはなぞが多くて、主人公はそれも合わせて知ろうとする。

最後にそのなぞは全部わかるんだけど、とても切ないねー。。
だれにでも、30年も生きてれば、人には言えない切ないことがあるんだなー
とおもいました。

東野圭吾の作品は、やるせない結末が多いよねー。。。
でもまぁ殺人事件の小説で、動機が
「ムカついたから」
とかいうわけにはいかないもんねたらーっ(汗)
posted by やすこ at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

放課後 東野圭吾

女子高校の、先生が殺人事件に巻き込まれるという話。
女子高生が先生を殺すんだって。
こわいねぇ。。。

ミステリー(?)としては面白かったんだけど、
主人公の先生のキャラがよくわからない。
数学の先生で、別に教育に対する情熱とかない。
授業は雑談もなく、淡々と教科書をすすめるタイプで、奥さんも地味な人。
なんだけど、女子高生と関係持っちゃったりして
なぜか女子高生には人気があるというキャラ。

・・・全然わかんないんですけど。。。

あ、でも思い出した。
若い学校の先生って、モテるみたい。
高校の同級生(男)で、教育実習とか、教師なりたてのときに
生徒に手を出した人を2人知ってる。
2人とも、失礼だけど、、「えー?!」って言うような・・ごにょごにょあせあせ(飛び散る汗)
オトナの男性に惹かれる年頃なんでしょうか(笑)
私はなかったけど。。。

posted by やすこ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

凍える牙 乃南アサ

初めて乃南アサを読む。
おもしろかったー。

女性刑事が主人公で、殺人犯を追う話だけど
推理ものとかミステリーとかではない。
男性社会で女が働くことの大変さ、みたいなのがメインだった。

刑事は男ばかりだから、女が入っていくと
女というだけで変な目を向けられ、向こうも扱い方がわからないらしい、と。
・・実際は、どうか知りませんが。。

でもさ、体の構造が違うんだから
いくらがんばっても同じようには働けないと思うんだよねー。
でも女だからこそできることだってあるし。。。


うーん。
私も高校の時から理系で、周りは男のほうが多い環境にずっといるけど
それでいやな気分になったことは記憶にない。
特に学生時代は男女で区別された記憶がないなぁ。。
もちろん、気を遣ってもらってるのはわかるけど・・・。
むしろ体力的にこっちは劣ってるんだから、そっちが働け!と。。。思ってたし。。
あーーー、そんな風に考えてるから女帝とか言われてたんだ。。今気づいた。。がく〜(落胆した顔)

ちょうど、飲み会で話が出た
posted by やすこ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

プリズム 貫井徳郎

慟哭につづき、貫井徳郎の2冊目。
読み終わった直後、思わず心の中でつっこんだ。
「(Fちゃん風に)いやいやいやいや、それはないやろ!」
だって、、おとーちゃん・・・・オイオイオイオイ。。。。って感じでした。


小学校で人気ある先生(女)が死んだところから話が始まる。
死因はクローゼットの上に置いてあった、置時計(?)による頭の打撲。
それが運悪く落ちてきただけなのか、人に殴られたのかわからない。
ただ、テーブルには睡眠薬入りのチョコレートがあった。
殺人じゃないにしても、チョコに睡眠薬を入れたのは誰だ?!
っていろんな人がいろんな立場から推理する。

・・・今回はちょっと長めにあらすじを書いてみた(笑)


話し手(推理する人)が章ごとに代わって、それぞれが違う推理をする。
先生に対して、それぞれの人が自分から見た人物像を持っていておもしろい。
私が共感したのは、
「彼女は純粋すぎて、一緒にいると自分が醜い人間に思ってしまう」
っていう人。
その気持ち、わかってしまうなぁ(苦笑)
posted by やすこ at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

3秒でハッピーになる 名言セラピー ひすいこたろう

一日一話読んで心に刻みたい。
いやなことがあったときにオススメ本。
いやなことがなくてもふつーにオススメだけど。
なんか、前向きになるというか、読んでて嬉しくなる。
あ、ハッピーになってるのか(笑)


misakingみたいに本の写真持ってきてリンク張りたいんだけど
やりかたがわからないよぅ(><)
と、本の感想書くたびに思う。。。
posted by やすこ at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

慟哭 貫井徳郎

連続少女誘拐殺人事件の話。
うーん。。。ラストは面白かった。
犯人側と警察側の話の2つが交互に語られていて、最後の最後でそれが結びつく。

2つの話は季節も内容もぜんぜん違うから、
交互に語られると頭を切り替えなきゃいけない。
一気に読みたくなるってカンジじゃなかったので、
なんだか読むのにすーーーごい時間がかかった。

ラストだけ、一気に読みました。
ずっと、あんま面白くないなー、と思いながら読み続け、ラストが面白かったから
読み終わった後「果たしてこの本は面白かったと言えるのか?」って悩んだ(笑)

でもねぇ、、救われない話だねぇ。。。
posted by やすこ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

NANA(その2) 矢沢あい

NANAを読んだことある人。。。
きいて〜〜!!
posted by やすこ at 07:11| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

NANA 矢沢あい

私も借りる機会があったけど、迷った末、
続きが気になるから全部終わってから借りよう〜
ということになったのに、、、同居人があっさり借りてきた(笑)
ので読んだ。

切ない話じゃ〜(T T)
続きが気になる〜(T T)


ほんとに甘い匂いのするタバコでした。
好き嫌いわかれるわ、これは。
PA260007.JPG



矢沢あいって何歳だ!?
"マリンブルー・・"なんて、小学生のころ読んでなかった??

"天使なんかじゃない"の、主人公の2人の名前は思い出せないのに
マミリンと滝川君だけはなんでか覚えてる(笑)
posted by やすこ at 06:56| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

予知夢 東野圭吾

短編集。
心霊現象のような不思議な事件を扱う刑事が、
友達の物理学者に相談して科学的に解明するという話。
短編集もホラーも苦手だけど、この本は楽しかった♪

心霊現象は火の玉だったり、幽霊だったり、
ポルターガイストだったり、予知夢だったり。
それぞれに、はじめは"そういうこともあるって!"としか思えない事件が
タネあかしされて科学的にすっきり解決してしまう。

この物理学者のような人が現実にいたら
かなりすごいと思うけど、、、この人、夢がないよなぁ(笑)
posted by やすこ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

悪意 東野圭吾

misakingに借りたので東野圭吾ばっかり(笑)
すっかりはまってしまった。

この物語はちょっと変わってて、本の半分くらいで犯人が判明。
残りの半分は動機を解き明かす、というものだった。
これはあまり面白くなかったかなー。今までのと比べると。
共感できないってのが大きいんだろうけど。
主人公が作家とか、いじめとか。


misakingが貸してくれる時、登場人物に加賀刑事が出てくるのがおもしろいって言って
選んでくれた。シリーズではないんだけど。
で、加賀さんの出てくるのを何冊か読んだんだ。

私・・・加賀刑事が出てくるたびに、コナン君の高木刑事が頭に現れる(笑)
加賀さんファンに怒られそうだけど
好青年の刑事って、ほかに思いつかないんだもん!
明智さん(金田一少年)は"好"青年じゃーないもんね爆弾

うーん、、漫画以外でも考えてみたけどわかんない。。
あ、青島さん?・・・青年?
posted by やすこ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

どちらかが彼女を殺した 東野圭吾

容疑者は2人。
結局最後まで、はっきりと犯人は書かれていなかった。
よぉ〜く読んでいればわかるんだろうけど。。
うーん、、、たぶんあっちと思うんだけど。。。
・・・もう一回読むか。。
初めからそう言ってくれればよぉ〜く読んだのに!(笑)
posted by やすこ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

アルスラーン戦記〜魔群襲来 田中芳樹

首を長くして待っていたアルスラーン戦記の続編! 11巻目。
最近くら〜い本ばかり読んでたので気分転換になった(^^;

皇太子アルスラーンが、侵略者を追い返して良い国を築き上げる話。


・・・・11巻を1行で説明(笑)


はじめのほうは十字軍をモデルにした戦争ものだった。
あ、十字軍に攻め入られたほうが主役。もちろん、架空の国や宗教に置き換えられてる。
十字軍進行について全然詳しく知らないけど
この物語が真実に近いのならば、キリスト教圏の人たちは
今も昔もやってること変わらないなぁ、と思う。

それは置いといて。。
はじめのほうは現実的な戦争の話だったけど、
だんだんと魔物が出てきて、魔物と人間の戦いになってきた。
それはそれで面白い。

創竜伝よりオススメかわいい


登場人物がみんなかっこよすぎるんだハートたち(複数ハート)
これもCLAMPに挿絵を描いてもらいたかったなー。

posted by やすこ at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

魔球 東野圭吾

前回に引き続き、misakingからの借り物。
は○しーオススメということで選んで借りてきた。

ほんと、、推理ものはダメだふらふら
徹夜明けで仕事して帰って寝ないといけないのに
ラストを読んでしまった(笑)
おもしろかった。
でも、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく、悲しい話。

初めてです。

推理もの読んでラストで泣いたのもうやだ〜(悲しい顔)
電車の中で読まなくてよかったー。

ぜんっぜん予想していない結末だったので、面白いから人にも勧めたいけど
・・・でもすすめたくない。みたいな。
でも私も勧められてよかったので、この本、オススメ。

posted by やすこ at 07:18| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

卒業 東野圭吾

この前misakingから借りてきた本。
ミステリーは先が気になってだめだ。
ただでさえ仕事が忙しくなって睡眠不足なのに、
電車の中でも昼休みも、睡眠時間を削って読んでしまった(^^;

友人同士が裏切りあうという、なんか悲しい話で、読み終わってちょっとブルー。
でもミステリーとしてはおもしろかったー!!
posted by やすこ at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

Paradaise Kiss 矢沢あい

料理教室の後、パンとケーキをお土産にmisakingの家へ家
目的は本の拝借と家庭菜園の偵察。

サスガ、本の量がすごい。いっぱい借りてきた。
で、漫画もあったので完結してるParadaise Kissを。

普通の高校生の女の子が、デザイナーの卵たちと友達になって
プロモデルになる、、っていうシンデレラストーリーやね。
(2行で説明してしまったけど、全5巻です)

久しぶりに少女漫画を読んだー。面白かったーわーい(嬉しい顔)
日曜日はこれで一日が終わった(笑)
やっぱり漫画は、途中で止めようと思っても止めれない。

それにしても、、、少女漫画、ここまでロコツに書いてもいいの?
掲載誌が「りぼん」とかじゃないからいいのかな?
それとも最近の少女漫画は普通・・?いやいや。。。うそーん。
初misaking宅
posted by やすこ at 07:20| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

アップフェルラント物語 田中芳樹

BOOK OFFで田中芳樹の本というだけで買ってしまった。
20世紀始めのヨーロッパにある、アップフェルラント王国(架空の国)。
その小さな国の廃鉱に、化学兵器が埋もれていることがわかり
それを狙うドイツ軍の進行を
主人公の少年と少女が知恵と勇気で食い止めるというお話(?)

うーん。若いころに読んだら面白いだろうけど・・・ってカンジでした
中学生向けくらい?しっぱい。


田中芳樹の本は、高校のころに創竜伝というのを友達に借りて読んでいた。
当時は話の途中までしか発売されてなく、たま〜に思い出して続きが気になっていた。
面白かった印象が残っていたから。

そしたらある日、うちの同居人も高校の時に読んでいたことが判明。
なんて偶然!!びっくり目
もっとも私は挿絵がCLAMP、向こうは天野喜孝の挿絵だったけど。
CLAMPの挿絵だったから、女の子向けの文庫本(コバルト系)だとばっかり思ってたさ。
かっこいい兄弟が出てくるし。恋愛ものじゃないけど。

ということで、去年、発売されている分を揃えてもらった
でも未だに続きが全然でない。。。
2人でイライラ(?)している。
田中芳樹はほかにもシリーズもので、イライラと待ってるのがあるんだけど。。
ちゃんと物語として終わるのかしら。。
スターウォーズより性質が悪い。。。(○`ε´○)
創竜伝
posted by やすこ at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

むかし僕が死んだ家 東野 圭吾

珍しく古本じゃない本を買った(笑)
東野 圭吾という名前は聞く気がするけど、読むのは初めて。

本屋さんの
"当店1番のオススメ!" "東野 圭吾の中で1番おもしろい!"
というPOPにつられて買ってしまった。

主人公が、幼いころの記憶がない元カノと、ナゾの廃屋に行って
そこに住んでた人たちの日記や手紙を読んで彼女の過去を知る話。

面白かった。
自分も一緒になって推理できる(あたってないけど)カンジが
コナン君読んでるみたいで、久しぶり(笑)

ただ一つ言わせてもらうと、元カノである必要がない。
いや、そりゃー、今の旦那に相談できないことを元カレに相談するとか
付き合ってた高校時代のころから変だったでしょう?とか
話の流れとしては元カノのほうがしっくりくるんだろうけど、、

期待させといてなーんにもないんだもん。
つまーんなーい。
posted by やすこ at 07:20| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ジョゼと虎と魚たち 田辺聖子

映画になっていたので、中身も見ずに買ってしまったら短編集だった。
短編ってすぐ終わるからあんまり読まないんだけど。

しかも、会話が全部関西弁で、私にとって読みにくい。。。バッド(下向き矢印)
あたまの中で関西弁のイントネーションに
変換作業しないといけないから、ちょっと考えるんだよね。
変換が間違ってる気がすると、正しいイントネーション(?)が
出てくるまで何回も読んだりしてしまう。
関西の人ならそんなことないんだろうけどねー。

メインのジョゼ〜は、「これを2時間くらいの映画に膨らませたってことは
原作と全然違う印象になるんじゃない?」って思うくらいシンプルだった。

うーん。イモイチ・・・じゃなかった、イマイチな本でした。

posted by やすこ at 06:59| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

大河の一滴 五木寛之

たまには小説以外のまじめな(?)本も読んでみよう、
なんか有名な本だし、100円だし(ブックオフ)、と思って。

えー・・・読むのにエライ時間がかかった。
何度途中で本を閉じて寝たことか。。眠い(睡眠)
オトナの本でした@

でも中盤はちょっと面白かった。
「腹八分というが、これは一生を通してのことで
10代では腹十分、20代では腹八分、50代では腹五分、
80過ぎたら腹三分くらいでいいのではないか」
とか、
「規則正しい生活をしろ、というが
不規則な生活もたまには必要なんじゃないか」
とか、
「食後3分以内に歯を磨け、というが
食後にくつろぐ余裕を持つことの方が大事なんじゃないか」
とかとか。

うーん。
ステキ♪
posted by やすこ at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。