2006年11月25日

手紙 東野圭吾

両親のいない兄弟。
弟の大学進学のためのお金がなくて、思い余って強盗に入った兄。
家の住人に見つかってしまい、殺人を起こしてしまう。
強盗殺人で捕まった兄の影響で、人生が変わってしまった弟。
兄の犯罪がわかると周りの目がかわる。差別を受ける。

考えさせられる話ではあるけど、今の私には現実離れしてて感想
かけない(^^;

めずらしくミステリーじゃないのね。
posted by やすこ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「手紙」東野圭吾著、読んでみました。
Excerpt:   「手紙」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどんどんページが進みました。「剛志」が犯した「重罪..
Weblog: 男を磨く旅
Tracked: 2007-06-03 08:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。