2006年05月22日

暗いところで待ち合わせ 乙一

目の見えない1人暮らしのミチルの家に、男が上がりこんでこっそり暮らすという話。
男は、線路から同僚を突き落として殺した容疑者として警察から追われている身。
ミチルは他人の気配を感じつつ、騒ぐと逆に危ないと思って気づかないふりを続ける。
男は彼女の家にかくまってもらっているだけなので、干渉しないように潜む。

面白かった。
はじめのほうは結構怖い話だなーと思った。
だって、目が見えないで1人暮らしだと、
強盗が入って鉢合わせてもほんと、わかんないよね。
この話では結局、男はいい人だったけど、、リアルに怖い。

しかしさ、同じ居間で一日を過ごしたり、夜中お風呂使ったり、
冷蔵庫のものを食べたりしてたら、そりゃおかしいと思って気づくでしょー。
でもミチルが男の存在にはっきり気づいてからの展開はなんか好きだった。
私この話、かなり好きだー。>なつ
posted by やすこ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18234344

この記事へのトラックバック

暗いところで待ち合わせ
Excerpt: 暗いところで待ち合わせ 乙一 幻冬舎 2002-04 売り上げランキング : 8751 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ..
Weblog: Book Review’S ??本は成長の糧??
Tracked: 2006-06-05 03:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。